お米の勉強

米屋に限らずどの職業もその仕事の知識を深めることは大切だと思っています。
米の場合も毎年でてくる新しい品種の特長や食味、各産地の取り組み、
いろいろな栽培方法、米の相場、法律、精米技術、新しい機械の性能、
等等まだまだ覚えないとダメなことがたくさんありすぎてここには書ききれません。
でもこれらのことをすべて知識として身に付けたからと言って、米が売れるわけではありません。
逆にさほど米に関して知識がなくても宣伝さえ上手ければたくさん売れたりすることもあるようです。
産地、品種と価格がわかれば誰でも売れるのです。
お米についての知識などなくても売り方さえ上手ければそれでいいのです。
しかし、私は売るからにはやはりお米のことについて知っておきたい。
だから、日々勉強です。
そして、ごはんを食べて脳のエネルギー源であるブドウ糖を与えています。(笑)
でももう少し販売方法の勉強もしないといけないかな。
お米の研究や勉強だけでは生活できませんからね(笑)

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です