お米の品種

今日お客様から「この名前の京都のお米あるかな?」と
米袋を見せて頂きました。
米袋のラベルを見ると品種名ではなく
そのお店が独自につけたオリジナルの名前でした。
コシヒカリ、ひとめぼれ、あきたこまち
最近ではゆめぴりかなどは名前が知られています。
現在日本で作付けされている品種数は約300と言われています。
米屋である私も恥ずかしながらすべての品種名や特性を覚えていません。
知らない米の名前を聞いて米の品種本を調べることも度々あります。
一般の方がそのお店の商品名を品種名と勘違いするのは当然ですね。
それに各品種とも複数の都道府県で作付けされているので
産地も別に考えるとすごい数になります。
しかし、平成23年産の作付け比率は上位10品種で78.2%
20位までで86.5%になっています。
ですから実際に流通しているのも上記の20品種が大部分だと思います。
米屋としては本に頼らず全部覚えておくべきですね。
一日一品種としても一年足らずで覚えられます。
でも最後の一つを覚える頃には始めたころの品種を忘れてしまいそうです。(笑)

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です