テレビ放映の影響で完売

今週火曜日に
『土佐天空の郷「特栽ヒノヒカリ」完売のご案内とお詫び』
のメールが卸売り会社さんから届きました。

『テレビ放映の影響で12日の出荷以来、
爆発的な出荷状況となった
「土佐天空の郷特栽ヒノヒカリ」ですが、
申し訳ございませんが、完売となってしまいました。
産地にも在庫がないという状態に陥りました。
ヒノに関していえば、22年産の契約数量を
1ヶ月で売り切ってしまったというカタチになりました。』

卸さんのメールから抜粋

やっぱりテレビって影響力がありますね。
収穫量がとても多いわけではないのですが、
新米が収穫されて
まだそんなにたっていないのに早々と完売とは。

もうひとつの原因としては、
今年は品質の悪いお米が多く
日頃から良いお米を販売しているお店は
品質の良いお米をいつも以上に
苦労して探しています。

そういうお店が行き着く産地や品種は
おのずと重複するものです。

この土佐天空の郷もそのひとつで、
そんなお店の皆さんが品質が
良いと見極めこぞって仕入れたためもあると思います。

確かに今年のお米の中ではかなりの良食味でした。

ただ、私が試食したお米に関しては、
完売した「ヒノヒカリ」より
「にこまる」の方がすこし美味しかったように感じました。

このお米を作っている農家のかたは複数いらっしゃいますので
生産者によって若干違うのでしょう。

ということで当店でも在庫限りとなります。
今のところ、ヒノヒカリもにこまるもまだあります。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です