世界遺産の地で作られたお米

先週、世界遺産の富山県五箇山で作られた新米を入荷しました。
品種は「花キラリ」です。

世界遺産の土地で作られたお米なので、
話題性があるのと、
なにより私自身が
そういう土地で作られたお米を
食べてみたくて仕入れました。

そして、
この地域で初めて植えられた
「花キラリ」なので
期待して試食しました。

結果は、現在までに試食した
今年の新米の中でも上位ランクで
かなり美味しく感じました。

この食味、食感なら文句なしだと思います。

美味しいお米に出会えると
本当に幸せな気分になります。

ただ、残念なことに数量が少ないのです。
収穫された総数量が30kg袋で400袋程度です。

それを、日本全国の「花キラリ」特約店で分けるのです。
当然、1店舗に納品する数量は少なくなります。

私の店でもすぐに売り切れるかも?

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です