京都府内産米放射性物質収穫前検査

京都府の発表によりますと
京都府亀岡市、と京丹後市で栽培した米の収穫前検査で放射性物質は
検出されなかったそうです。
今後も品種ごとの収穫時期に合わせ、10月ごろまで続けていくそうです。
販売する米屋としては一安心です。
もともと政府が指定した検査が必要な17都県には含まれていないので
検出されることは少ないとは思っていましたが、確認のためも自主的に
検査してくれて不検出の結果はありがたいことです。
お隣の滋賀県でも早場米の検査で今のところすべて不検出なので
今後も最後の収穫まで不検出であってほしいです。
関東地方の早場米もほとんど不検出で一部微量の検出があったようですが
規制値を大きく下回っているようです。
これから秋が深まり東北地方のお米が収穫されるころも、この調子で不検出が
続いてくれることを祈ります。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です