京都米 丹後七姫 はごろも天女米

京都米の普及啓発に取り組んでいる(社)京都府米食推進協会が
京都米の振興とブランド化の一環として、米屋さんと一部百貨店
だけで販売しているお米があります。
このお米は地域限定のため、数量的な理由により、事前予約を
いただき販売を行います。
羽衣天女が舞い降りた山として有名な磯砂山(いさなごさん)から
流れ出る清水で栽培されたお米は「大変おいしいお米」と言われ
人気があります。
地区の12名の生産者が心をこめて栽培されています。
この丹後地方には丹後七姫伝説があります。
ちなみに丹後七姫とは、乙姫(おとひめ)、小野小町(おののこまち)
平安時代を代表する六歌仙の1人で絶世の美女、川上摩須郎女
(かわかみのますのいらつめ)往古、丹波の国王丹波道主の妻、
静御前(しずかごぜん)源義経の愛妾、間人皇后(はしうどこうごう)
聖徳太子の母、細川ガラシャ(ほそかわがらしゃ)明智光秀の三女玉子
そして、このお米の名前にもなった羽衣天女です。
丹後産コシヒカリは食味ランキングでも最高の特Aになったお米です。
ただ、上記にもありますようにこの米は地域限定米のため、
事前に予約をいただきます。
そのご予約期間は
毎月15日迄と月末迄の2回ご予約を承ります。
発送はご予約締切り日の一週間後頃になります。
ご注文の日によってはお届けまでに時間がかかります。
京都米推進にご協力していただければ幸いです。
今月は送料無料キャンペーン中です。
会員はさらにお得な価格になっています。
お得な今のうちにどうぞ!
ご注文はこちらです。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です