今夜は米屋さん研究グループの会合

今夜はお米屋さんの研究グループ『丹波ふれあい会』の定例会がありました。
新米も出始めていることもあり米の品質情報交換をしました。
今年は夏の長雨による日照不足など天候不順で
乳心白粒・カメムシ被害など品質劣化が認められるお米が
昨年より多いようです。
低温でも高温でも天候不順は良いお米作りには最大の敵です。
ただ、その中でも品質の良いお米を選び、手に入れる喜びは
米屋ならではの楽しみでもあります。
今は一通り仕入れて良いお米を見つけている最中ですが
特に今年は同じ産地でも品種によって出来不出来があったり
地域によっての出来不出来があったりと仕入れが難しそうです。
○○県産のコシヒカリはひどい品質で●●県産コシヒカリより劣るが
○○県産の違う品種はとても品質が良かった。
なんてことがあります。
明日も新米が入荷です。
試食の数も日を追うごとに増えています。
現在入荷している新米では、コシヒカリとは少し違う
これがお薦めです。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です