島根県の新米入荷

久々の書き込みです。
今年は新米の出回りが例年より遅いです。
しかし、徐々に新米の入荷も増えてきました。
当店でも、京都府産、滋賀県産など新米になってきています。
そして、今週島根県の新米2種類も入荷しました。
年間契約のお米ですが数量が少ないので年間通して売れるかな?
まずは、世界遺産に登録されている石見銀山遺跡を有する島根県太田市の
中でも寒暖の差が大きく、ワサビが自生するほどのきれいな伏流水が豊富
な「大江高山地区」で県認定のエコファーマーが農薬・化学肥料を普通栽
培基準の2分の1以下に抑えて栽培された
世界遺産米 石見銀山特別栽培コシヒカリ



そして、もうひとつのお米はこちらもコシヒカリなんですが
知る人ぞ知る、西の魚沼とも呼び声の高い仁多郡産コシヒカリです。
仁多米コシヒカリの産地島根県奥出雲は面積の約9割を山林で占め、
水田はその山間に棚田状に存在し、山から下りてくる水を穏やかに
流し、稲を育てています。
また、籾のまま低温貯蔵し、出荷直前に籾摺りしたお米です。



京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です