新米の水加減

新米がほぼ出揃ってきました。

当店でもほとんど新米に切り替わりました。
毎年新米になると米を炊くときの水加減を尋ねられます。

基本は水加減は少なめです。
以下は米ネットのQ&Aからです。

新米は細胞組織が軟らかく、
でん粉がアルファ化(糊化)
しやすいので加熱時間が短くてよい、
ということがあります。

水が少なければ早く沸騰し、
水は蒸発しますから結果的に加熱
時間が短くなるわけです。(さらに詳しく米ネット)

ただ当店で試食しているかぎりでは、
水加減を少なくしなくても
べちゃべちゃになることはありませんでした。

軟らかめがお好みの場合は
あまり水加減を少なくしなくても
大丈夫なようです。

ただし、新米になる前に
水加減を通常より多めにしていた場合は
少なくしてください。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です