玄米からの減りが多い

あなたが食べているお米は
白米(精米)、玄米
それとも、3分、5分、7分搗きですか?
健康のため
分搗き米や玄米を召し上がるかたも
増えていますが
やはり、一番よく食べられているのは
白米ではないかと思います。
白米は、搗きたてが新鮮でおいしい
とされています。
でも、実際は、
夏場の常温保管で3週間~4週間ぐらい
冬場なら1ヶ月半ぐらいは
食味に大きな変化がないようにも
言われています。
もちろん、それよりも早く食べるほうが
美味しいことは言うまでもありません。
また、冷蔵庫の野菜室のような低温保管なら
もっと鮮度が保たれます。
これ実は、
公の機関が以前実験をされた結果です。
その時の資料が、ちょっとどこに行ったか
わからないので短めの期間を書きましたが
確か実際は夏場常温で1ヶ月
冬場2か月とあったように記憶しています。
そして、それを過ぎると
急速に食味が落ちるとなっていました。
もっとも最近の夏の暑さは
その当時に比べて非常に暑くなる日も
多くなっているので
期間が短くなっているかもしれませんね。
私の店のように玄米を仕入れて
精米してお客様に販売している米屋は
当然、玄米も販売しています。
ネットなんかでも
玄米販売されているお店も多くあります。
ただ、ちょっとアドバイスをすると
玄米価格で購入したお米を精米して
送ってもらう場合は
その玄米と同じ白米が
いくらで販売されているか
確認するほうがお得な時があります。
白米を袋詰め商品とするとき
どうするのかと言うと
通常、玄米を精米すると1割ほど減ります。
減った分は糠となります。
そして、白米として販売するときは
そのあと、砕けた米や、小さな粒の米は
ふるいにかけておとします。
そして、変色していたりカメムシなど
の影響による着色粒は
色彩選別機により取り除かれます。
(厳密に言えば100%除去とは
いかないこともあります。)
最近では、玄米も色彩選別機にかけられていますが
精米してみると着色粒が目立つものもあります。
そして、袋詰めして白米の商品完成です。
精米段階で上記のような
砕けた米や変色している米が多い場合は
当然最終的な商品になると
かなり重量が減っています。
原価が上がりますから販売価格も
玄米販売に比べて高くなります。
しかし、袋詰めされた白米は
そういう被害粒を取り除いているので
きれいなお米になっています。
これが玄米価格で購入し
精米して送ってもらうとなれば
通常、例えば玄米10kgが白米9kg
になり砕けた米や割れた米も
混ざっての約9kgです。
砕けやすい粒が多いと8.5kgや8kg
になることもあるのです。
玄米購入したお米を精米して送って
もらう場合、砕けた米や割れたお米
着色粒などを除去することは
あまりないとは思いますが
もし、そのお店がその処理をしたなら
さらに白米が減ることになります。
ここでは、玄米を精米して
上記のような処理をなにもしなかった
として価格がどうなるか計算すると
玄米で10kg購入価格が5000円として
白米にすると通常で約9kg5000円の
米になります。
キロ単価500円が555円になるのです。
被害粒が多く減りが多い場合は
もっと高くなります。
ですから、
その店の同じお米の白米が
玄米価格の1割高ぐらいなら
玄米購入のお米を精米してもらうのではなく
もともと、きれいに処理された精米の
袋詰めを購入した方が良いと思います。
食味も上記の期間内なるべく早く召し上がれば
全く問題ないのですから。
でも、もし
「私は搗きたてのお米が良い」とおっしゃるのなら
玄米で購入して
家庭用精米機も購入して
毎回精米して召し上がるのが一番だと思います。
 

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です