TPP問題

TPPについて賛否両論ありますが
本当にどちらがいいのでしょか?

日本経済にとっては
参加すべきだと言う人もいれば、
農業にとっては
参加すべきでないと言う人もいます。

どちらの意見が正しいのか
それとも両方とも違うのか?

米を扱う当店にも
少なからず影響が
あると思います。

米業界でもTPPの話題が
取り上げられることが増えています。

実際のところ
詳細が決まっていないので
仮定の話ばかりですが

あまりにもいろいろな考え方があって
調べれば調べるほど

どの選択が正しいのか
判断が難しく思えます。

そんな中で
先日関西テレビで放送された話は
私にとって新たな情報でした。
TPP アメリカの本当の狙い (1)
TPP アメリカの本当の狙い (2)
TPP アメリカの本当の狙い (3)

また農業関係の方でも
平成23年1月(社)JA総合研究所と(財)協同組合経営研究所が合併
「社団法人JC総研」発足も2月22日現在までに
JC 総研「TPP 疑問・反論シリーズ」として(その1)から(その8)まで
をホームページで紹介しています。

国会中継ではみんなの党の江田憲司幹事長が
TPPぜひ参加すべきだと発言していました。

経済界だけでなく
農業のためにも良いと
主張されていました。

どちらにしろ
日本にとって
有益なものになるように願います。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です