お米の産地品種

有名な品種のお米。
コシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれなど
他にもたくさんあります。
以前も書きましたが
産地品種というのは
どの場所でどのような名前のお米が作られたかを
証明するものです。
決して食味を保証するものではありません。
ですがどうしても有名な産地品種は美味しいと思われがちです。
そういうお米を買って食べたところあまり美味しくなかった。
さぁ、あなたはどう思いますか?
そう、たぶん「これ偽物じゃないか」と思うでしょうね。
そう思われないように私の店では、
どの産地でもその年の良食味な場所を指定して仕入れています。
そして、単品以上に美味しいブレンド米も開発しています。
天候により品質に違いがでるお米だけに
毎年注意して産地指定するようにしています。
もちろん試食は不可欠です。
年間2千回以上しています。
それでも、お客様からご注意を受けることもあり
お米を選ぶことはほんとうに難しいことだと感じています。
でも逆に、お客様が「美味しい」と褒めていただいたときは
とてもうれしく「もっと美味しいお米を探すぞ、作るぞ」と
気合が入ります。
これから、お米の食味が悪くなってくる季節ですが
できるだけ品質を落とさないよう努力したいです。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です