もち麦が大変なことに

もち麦が大変です。

先週から今週にかけて、
もち麦の注文が
爆発的に続き

私の店のもち麦の取引先である
もち麦の製造会社がもち麦関連商品の
一時販売休止を発表しました。

私の店のすでに発注済みの
もち麦も入荷が止まりました。

出荷は遅れるが
商品は届くと
聞いていただけに
こちらも予想外の事態になりました。

すでに受注していた
お客様には商品の入荷が遅れると
お知らせはしていたのですが

まさか、
突然、販売休止になるとは
思っていなかったので
入荷次第発送するということで
受注を続けていました。

製造会社からの再販売も未定とのことで
やむなくキャンセルさせていただくことになりました。

ご注文頂いたお客様には
大変ご迷惑をおかけしました。
心よりお詫び申し上げます。

事の発端は、テレビ放映によるものだそうです。
予想外の反響があったようです。

しかしですよ、これは前もってわかっていたこと
それなら、なぜ前もって商品の製造を増やさなかったのか。

ましてや、昨年の6月にNHKのあさイチで
紹介された時も今回ほどではないにしろ
一時生産が追い付かなくなっていたのに。

企画するときに、そのへんももっと
真剣に考えておくべきだったのではないでしょうか。

そして、今やネット時代
人気商品は高値で転売されることも多く
品薄に拍車をかけました。

これには、私もびっくりです。

通常1袋486円(税込)の商品が
2000円や2500円で売買されています。

送料含むか含まないかを考えても高すぎですね。

確かに、ないと余計にほしくなるものですが
健康を考えて食べるのなら
再販売されるまでは
他の大麦商品で
お米を粘りのあるものにして
食べた方が良いのではと
個人的には思います。

ただ
以前より、もち麦を召し上がって
いただいているお客様には
大変ご迷惑をおかけしています。
心苦しいばかりですが
製造会社が一日も早く
販売開始することを願うばかりです。
 

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です