スーパーのお米安いですね

今朝、新聞の折り込み広告を見ていると
お米が安い!
今朝に限らず、
スーパーやホームセンター
他にもいろんなお店で
お米が安く販売されています。
たまに電話などのお問合せで
「スーパーと同じ産地品種のお米が
なぜこんなに価格差があるの」
と質問をされることがあります。
他のお米屋さんのことは
わかりませんが
私の店では
価格の差がでる
いくつかの違いがあります。
全て詳しく説明すると
めちゃくちゃ長文に
なるので簡単に
少しだけ例をあげます。
同じ産地品種でも
その場所や生産者、栽培方法
などが違います。
また、良質で生産量の少ない米などは
同じ産地の通常価格より
高いものになります。
品質の善し悪しでも
価格差がでます。
さらに
精米過程でも差がでます。
砕けた米粒や小さな米粒
変形や変色した米粒の
混入を多くするか
極力減らすかによって
玄米から白米にすると
減る割合が違います。
通常玄米で売買されているので
品質の良い商品にしようとすれば
減りが多くなり原価が上がります。
まだまだあるのですが
きりがありません。
一番良いのは
食べ比べていただくことです。
それで、美味しいと
感じたお米を食べていただければ
それが一番良い選択です。
その結果、美味しいと感じた米が
一番安い品質の悪い米であっても
自分の好みであれば問題ないです。
本当の意味でお得ですよね。
ま、すしに例えれば
スーパーのすしと
近所のすし屋さんのすしと
高級すし屋さんのすしと
さらに最高級のすし屋さんのすし
食べ比べて
味が変わらないと
感じる方は
スーパーのすしで十分ですよね。
でも本当にすしが好きな人なら
選ぶ店が変わるかも知れません。
また、高ければ美味しいと
お店を選ぶ人もいるでしょう。
味ではなく、その店の雰囲気で
選ぶ人もいます。
本当に十人十色です。
ですから、
私の店では、精米毎に
必ず試食をいたします。
それは、例え前回も
同じ産地の同じ品種であってもです。
年間二千回以上は試食をしています。
そうすることで
お客様に
このお米なら間違いないと
自信をもってお米を販売できます。
そして、
その価値があるかないかを
見極めるのは
あなたです。
 

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です