ブレンド米

そろそろ販売終了のお米がでてきました。
もともと作付け量が少なかったり
売買契約した数量が少ないお米は
今頃から新米が入荷するまでに
売り切れになることがあります。
私の店でも
売り切れの産地品種がでてきました。
単一の産地品種米は
その年の出来不出来や売買価格によって
足りなくなったり余ったりします。
足りないときは
そのお米の新米がとれるまで
お待ちしていただかなければなりません。
いつもご購入していただいている
お客様には大変ご迷惑をおかけします。
そこで、そんなことがないようにと
私の店ではオリジナルのブレンド米の
品質向上に力を注いでいます。
ブレンド米というと
悪いイメージを持っておられる方も
いらっしゃるかもしれませんが
各お店の考え方によって
お米の品質がまったく違うものになります。
私の店では、年間を通し高品質を維持するため
あえて、ブレンド米にしています。
もちろん、単一で食べた方が美味しいお米は
そのままで販売いたします。
料亭などを含む業務店さんは
そのお店から産地品種の指定がないかぎり
ブレンド米をお届けしています。
業務店さん特に高級なお店ほど
お米の品質に差がでることを嫌がられます。
「年間を通して、高品質のお米を届けてほしい」
それに答えるため仕入れから販売するまで
お米を吟味しています。
その結果、各業務店さんからは高い評価をいただき
当店といたしましても大変うれしく思います。
ご家庭用のブレンド米も
単一産地品種に比べて
常に売り上げが上位になっております。
それでは、
なぜ私の店のブレンド米は
そんなに人気があるのでしょうか?
それは、・・・・
また次回に
それでは、よい週末を。
 

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です