只今試食待ちです。

本日作ったブレンド米の炊き上がりを待っています。
秋から現在まで新米入荷が続いているので
毎日の試食数が多くなっています。
お米はもちろんですが、水加減も毎回同じ重量にしています。
浸漬時間も同じにして炊飯器のスイッチオンです。
炊き上がったお米を一定時間蒸らしたあと試食します。
最近は、特別まずいと感じるお米は少なくなってきています。
それだけ各産地が自分のお米のレベルを上げるため
研究や努力を続けてきた結果なのでしょう。
全体的にレベルアップされ美味しくなったお米が多くなる一方で
飛び抜けて美味しいお米を探すのが大変になりました。
たまにそんなお米に出会っても数量が少なかったり
全国から引き合いがありすぐに売り切れたりと
年間を通じて販売できないのです。
そんな人気のあるお米の一つが
土佐天空の郷です。
今年も美味しいお米になりました。
でも数量はやっぱり少ないです。
年間を通じての販売を続けることはできないでしょう。
残念です。
では、年間を通じて飛切り美味しいお米を食べることは
できないのでしょうか?
いえ、そんなことはありません。
そこは米屋の腕の見せ所で
飛切りうまい単一品種も複数の産地をおさえています。
そして、年間を通じて美味しいお米に仕上げる
熟練されたブレンド技術があります。
ここで誤解されてはこまりますが
私の店のブレンド米は味を良くするブレンド米です。
年間を通じてハイレベルなお米を提供するためのものです。
決して品質の悪いお米を混ぜることではないのです。
もちろん、ブレンドするより単品の方が美味しいお米は
そのままで販売します。
そして、ブレンド米を作るにしても
まず単品でそれぞれ試食してからでないと作りません。
その後ブレンドの種類や比率を変えて試食して
一番美味しかったものを商品として販売しています。
だから、うちの冷凍庫はごはんだらけです。(笑)
現在、私の店で販売している
最高級のブレンド米を
さらに上回る超最高級ブレンド米を開発中です。
そのうち皆さんにご紹介したいと考えていますので
お楽しみにしてください。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です