契約米が

毎年産地によって契約していいるお米があります。
その年によってすぐ売り切れになる産地もあれば
いつまでも残ってしまう産地もあります。
売り切れの早い産地の契約米は翌年は数を増やし
売れ行きの悪い契約米は減らします。
ただお米の場合はその年の天候で品質が大きく変わることもあり
なかなか思い通りにはなりません。
今年の契約のお米も産地によってはそろそろ売り切れになりそうです。
ま、今のところ売り切れはもともと契約数の少ないお米なので
仕方がありません。
新品種も増えているので仕入れの品数も増えて倉庫は米だらけです。
米屋だから当然とはいうものの奥に置いたお米を取るのも一苦労です。
このお米が足りなくなるほど売れるとうれしいのですが。
さぁ、どうなることやら。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です