安いお米

先日知り合いのお米屋さんとの会話でへぇーという事がありました。
昨年秋から米の価格は上がり続けています。
そこで仕方なく業務店さんへ10?で600円ほど値上げの交渉をされたそうですが、
不景気の折「それなら他で買う」と言われたそうです。
業務店さんだけに家庭用より数量を多く消費します。
それだけにこの値上げ幅がきついのはよくわかります。
結局その業務店さんは他所で買うことになったそうです。
ところがです。
最近またその業務店さんから注文が来たそうです。
どうやらスーパーで○○県産●●ヒカリを安い価格で購入していたが
まずくて使えないということでした。
今までのお米と味の格差が大きかったようですね。
スーパーのお米が悪いといっているのではありません。
おいしいお米を販売しているスーパーもたくさんあります。
ひょっとしてこのスーパーのお米もこの特売品だけがまずかったのかも知れません。
業務店さん以外はそこそこおいしいと感じている人もいたかも。
ただ、やっぱりある程度価格と食味はバランスよくなっています。
特別安い価格のお米はおいしいときもあるけどまずいときも多くある。
価格が少しずつ高くなるにつれておいしいと感じることが増え、
普通ぐらいはあってもまずいとまでは感じることが少なくなってきます。
もちろん好みによって違う場合もありますが平均するとそうなってきます。
米パニックのときに緊急輸入したタイ米と国産の良食味米を食べ比べる番組を見ていると
タイ米のほうがおいしく感じたという人がおられました。
そのお一人以外はすべて国産米がおいしいと答えていました。
でも考えてみてください。
おいしいと感じたお米がたまたま国産米でなくタイ米だっただけです。
しかも当時、超安い価格でした。
おいしいと感じたならそれが一番良い選択です。
わざわざ高い米を買う必要はないです。
ただ、業務店さんのように不特定多数の人が召し上がる場合はある程度
食味にぶれがない安定したお米を使用するほうがいいので先の結果になったのでしょう。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です