月末在庫

31日なので在庫を調べていました。
毎月のことですが今月は新米が多くいつもより大変です。
普通の加工食品などは仕入れた数売れた数在庫の数とわかりやすいですが
お米の場合はちょっと違います。
卸会社から精米袋詰めを仕入れている場合は上記のようにわかりやすいですが
玄米の仕入れとなると、そのまま玄米で残っている米、玄米を精米して残って
いる米、と仕入れた玄米が2種類の在庫になるのです。
通常玄米を精米すると1割ほど減ります。減った分は糠になります。
玄米100?が精米では約90?になりるということです。
ですから、その分在庫を調べる種類も増えるんです。
特に最近毎日新米の試食がありその精米が中途半端な数量でたくさん在庫として残っています。
1種類ずつ重さを量り記録しなければなりません。
ちなみに、今日は6種類試食しました。この時期としては少ないほうですね。
ほんとうは、あと3種類は今日中にしたかったのですが出来ませんでした。
年に12回しかない在庫をとる作業をめんどくさがってはいけませんね。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です