米屋の会合

昨夜、米屋さんの会合に出席してきました。
このブログでも何度か紹介している
お米の研究グループ丹波ふれあい会です。
私は、夕方からのすしの出前が遅くなり
大幅に遅刻しての出席になりました。
ほんと、申し訳ない。
この会合は不定期に行われていますが
米の品質や販売について
新商品の情報や産地の情報
最近の商売の状況などなど・・・
いろいろ情報交換をしています。
昨夜は、大きな議題はなかったですが
12月ということもあり
もち米の情報などがありました。
また、他店との差別化として
新型機械を導入した
お米屋さんから
お話を聞いたりしていました。
会の終わりがけに
今年の滋賀県産のみずかがみの
品質について意見交換したのですが
以前、私がこのブログで書いたように
皆さん一様に
今年のみずかがみは悪いでした。
やはり、と思いましたが
お客様からこの品種の指定があれば
販売しないわけにもいきません。
が、
今年は品質悪いですよと
伝えることにしようと考えています。
できれば同じ価格帯の
美味しいお米を代替品として
紹介しようと思います。
ただ、
なぜ今年のみずかがみが
こんなに品質が悪いのか
原因は知りたいので
調べてみようかな。
ま、中には
それなりに美味しくなっている
地域もあるとは思いますが
はずれの地域があまりにも
多いので
追加の仕入れも
ちょっと考えます。
せっかく滋賀県が力をいれて
宣伝しているのに残念です。
でも、
他の品種は
それなりなのになぁ
不思議です。
 

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です