米屋の大先輩がまた一人旅立たれました

珍しく午前中に配達が集中して忙しい土曜日のスタートでした。
午後からは少し落ち着いたので、会計士さんに出す5月分の
帳簿をパソコンに打ち込んでいました。
その間にもお客様がご来店になったり、配達もぽつぽつありと無駄な時間がなく仕事がはかどりました。
夕方に鮨米が出前する人手がたりないということで、米屋は嫁さんにまかせて私は出前要員として手伝いに行くことに。
頼りになる嫁さんに感謝です。
じつは、今夜米屋の大先輩のお通夜だったのですが、そんなこともあり行けませんでした。
明日の告別式には必ずお別れに行きたいと思っています。
米屋をはじめたころ、ためになるお話やアドバイスをいただきとても勉強になりました。
いまだに役立つことばかりです。
また尊敬するお米屋さんの大先輩がいなくなり寂しい限りです。
ご冥福をお祈りいたします。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です