結局最後はブレンド米

来店されたお客様が店内のお米を見渡して
「いろいろ食べたけど
やっぱりいつものブレンド米が
一番食べやすいわ」
とおっしゃってくださいました。
嬉しいことです。
このお客様は、私の店で取り扱っている
良食味の単一品種米を
毎回種類を変えて少しずつご購入頂いていました。
はっきり言ってすべて
最高級ランクの単一品種です。
それなのに、
そのお米以上に私が作ったブレンド米が
食べやすいと言って頂けたことは
美味しいブレンド米を作ろうと
毎日、毎日、試食を重ねたかいがあります。
食味を高いレベルで年間を通して安定させる。
そして、なにより売り切れの心配がない。
単一品種でも美味しいお米は多くありますが
人気があるお米ほど途中で売り切れ
お客様には次の新米まで
お待ちしていただくことになりますからね。
これからも、美味しいお米を選び
それをさらに上質なお米になるように
ブレンド技術を磨きたいと思います。
でも、単一品種で食べた方が美味しい場合は
無理にブレンド米にはしませんよ。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です