西日本のお米

島根県奥出雲仁多米の契約栽培米の数量が大幅カットされました。
仕入れ価格が高いこともあり契約数量100%大丈夫と思っていたのにがっかりです。
実際は少し前に報告を受けたのですが販売計画を変更せざるをえないですね。
いゃーやっぱり原発の影響でしょうか?
西の魚沼との呼声もある奥出雲仁多米(魚沼よりは少ししっかりめの食感です)だけに、東の良質米の変わりに仕入れる業者さんや消費者が増えたのかな。
それ以外にも私の店では、九州のお米の問い合わせがあったり販売数量も
現時点ではいつもの年より売れています。
全体的に西日本のお米は例年以上に買われているようです。
そのため品不足なお米もあり仕入れ価格も日々高くなっています。
まぁ西に限らず今年は全国的にお米の価格が高くて今のところ下がる気配がありませんね。
それどころかまだ上がってます。
外食産業大手でも外国産米の使用を決定したところや、中小規模でもすでに使用している会社や今後使用するつもりである会社が増えています。
この先どうなることやら?

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です