配達中に

少し蒸し暑い日になりました。
湿度が高いとどうも体がだるくなります。
バイクで走っていても風がぬるかったです。
でも、配達先が法然院の近くでその前の道は涼しく快適でした。
たった数十メートルでこんなに体感温度が変わるなんてびっくりです。
その分冬はもっと寒いのです。
そして帰り道、珍しく哲学の道に人があまりいないのでバイクを止めて少しだけ撮影しました。
哲学の道哲学の道哲学の道
緑の哲学の道もいいもんです。
また、これからはお米の虫も気になる季節です。
温度が20度以上で湿度が高くなるとお米の虫が湧きやすくなってきます。
最近では掃除のしやすいタッパ型の米びつや温度調節できる米びつなんかもありますね。
少量なら密封した容器で冷蔵庫の野菜室で保存されている方もいるでしょう。
私の店では、米びつ用のタカノツメを配りはじめています。
これを米びつに入れておけば虫が絶対よりつかないものでもないのですが
多少の効果はあるでしょう。
あとにんにくやわさびなんかも虫除けになるようです。
どちらにしても常温で保管する場合は、こまめに米びつを掃除することをおすすめします。
残っているお米の上から新しく買ったお米を継ぎ足すのは虫が湧きやすくなります。
できれば一度空にしてから、きれいに掃除してから新しいお米を入れてください。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です