TPPどうなるのかな?

TPPをどうするか安倍晋三首相が訪米したこともあり
連日大きく報道されていますね。
実際のところ私の仕事にどう影響するのかわかりません。
良い面、悪い面両方ありますからね。
物事なんでもそうですが良いことばかりはなかなかありません。
お米も外国産は遺伝子組み換えや農薬が怖いといいますが
現在外食産業では外米を使用する店が増えています。
もちろん今は、遺伝子組み換え米は輸入できないことになっていますが
すでに外米と知らずに違和感なく食べておられるかたも多くいるはずです。
ただ、現在価格は外米も高くなっていてキロ300円以下はないほどです。
しかしTPPに参加すればいずれめちゃくちゃ安い外米が輸入されるでしょう。
国産米も影響を受けることは間違いないと思います。
やる気のある産地や農家の方々は外国に売り込むチャンスと考えている
ようです。
聖域なき関税撤廃を前提にする限り、TPP交渉参加に反対とは言っては
いますがどうなるかわかりませんよね。
どちらにしても農家には手厚い支援があるでしょう。
そういう面では米屋にどんな影響があっても支援もしてもらえなく
今でも額は別としていろいろ支援してもらっている農家の方々とは
差がありますね。同じお米を扱っているのにな(涙)
お米の消費量が年々落ち込んでいますが、価格が安いお米だから余計に食べる
ことはあるのでしょうか?
私はないと思います。
でも同じ量を食べると確実に食費は節約できるでしょう。
そう考えると良いことなのかな。
農家の人も、一般の人も賛成、反対が入り交じっているこの問題
どうなるのか?
そして、どちらかに決まった後どうなるのか?
安倍晋三首相は難しい選択を迫られることになりますね。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です