新米情報

コシヒカリは、北陸地方も稲刈りが始まりました。
これから、どんどん米所の稲刈りが始まっていきます。

しかし、やっぱり今年のお米は
高温障害の地域が多いようです。

私の店でも先日ある産地の1等米を仕入れたのですが
とても1等米とは思えないお米でした。

精米するとこんなお米がいっぱいなんです。

とてもじゃないですがこれでは販売できません。
再度選別する機械で悪い米をはじきました。

結局こんなにたくさん悪い米粒がはじかれました。

全部で9㎏ぐらいです。
玄米150㎏を精米して120㎏まで減りました。

普通は玄米を精米しても1割減る程度です。

当店は普通のお米屋さんより
粗い篩いを使用しているので1割3分前後減ります。

でも、この玄米は販売商品とするのに2割も減らしました。

玄米価格は昨年より少し安かったのですが、この処理をした結果
精米では昨年より高い原価になってしまいました。

品質が悪くいつもより数段手が掛かり
なんのために1等米買ってるのかわかりません。

もう少し農産物検査を厳格にお願いしたいものです。
でも今年はこんなお米が多いのでいつも以上に丁寧な処理をして
品質の良いお米に仕上げなければと考えています。

京都の米屋・独断と偏見のお米Q&A

お米についての質問に店長独自の見解でお答えしています。
こちらをクリック ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です